WordPress向けネットショッププラグイン「Welcart e-Commerce」に脆弱性

WordPress向けネットショッププラグインに脆弱性

FireShot Capture - Welcart Home ショッピングカート for WordPress I ECサイト構築プラグイン - http___www.welcart.com_eコマースサイトを構築できるWordPress向けプラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同1.4.17」や以前のバージョンに複数の脆弱性が含まれていることが判明したもの。

SQLインジェクションの脆弱性「CVE-2014-10017」により、データベースを不正に操作されるおそれがあるほか、「admin.php」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2015-2973」が存在し、任意のスクリプトが実行されるおそれがある。

これら脆弱性は、馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。開発元であるコルネでは、脆弱性を修正した「同1.4.17」の提供を開始している。