「ユーザーに完全な自由を提供した」WordPress創始者が語る、世界一のCMS誕生ストーリー

WordPressのこれまでとこれから(前編)
「ユーザーに完全な自由を提供した」WordPress創始者が語る、世界一のCMS誕生ストーリー

gazou465-590x333世界でもっとも多く使われているCMS「WordPress」。その創始者であるAutomattic社のマット・マレンウェッグ氏が「WordPressのこれまでとこれから」について語ったインタビュー。なぜWordPressはMovable Typeに勝利することができたのか。同氏は当時起きたできごとについて振り返りました。(この動画は2014年に公開されたものです)

【スピーカー】
Automattic Matthew Charles(マット・マレンウェッグ) 氏

【動画もぜひご覧ください!】
Matt Mullenweg; Founder of WordPress Shares Everything
世界のWebサイトの17.5%がWordPress

インタビュアー:あなたとお話しできることは本当に光栄です。あなたは私にとって、そして起業家にとって、スタートアップ界の本物のヒーローです。あなたはWordPressの設立者であり、今そのWordPressは世界のWebの18-19%を占めていますよね?

マット・マレンウェッグ氏(以下、マレンウェッグ):17.5%です。

インタビュアー:世界のWebサイトの17.5%。それは数で言うと、どのくらいのWebサイトがWordPressを使っているということですか?

マレンウェッグ:正確な数字はわかりません。

インタビュアー:少なくても何千万ですよね?

マレンウェッグ:そうですね。

インタビュアー:とてもすごい数字ですね。まず、最初からお話しを聞かせてもらえますか? どうやってWordPressを思いついたのか、どうやってそのアイディアが始まったのか、最初になぜプラットフォームが作られたのか?

マレンウェッグ:もちろん。ご存知の通り、WordPressはオープンソースのプロジェクトで、実はそれ以前に実際に発表されていたオープンソースプロジェクトに基づいています。

私自身がブログを書き始めたのです。ワシントンDCを訪れ、たくさんの写真を撮り、それを家族や地元の友だちと共有したかったので、それらをネット上でアップし始めました。

写真を説明する文がどんどん長くなり、ブログを始めるべきだと思ったのです。当時はMovable Typeがとても人気で、私はb2というソフトウェアを見つけました。

b2は私が最初に使った初めてのシンプルなオープンソースプロジェクトで、私はそれをハックし、コードを書き始めました。そして私が実際に書いた最初のコードは「Texturize」と呼ばれるものです。

タグラインはすごく良くて、引用マーク(“”)をカールさせるほどでした。そしてそれは標準のシンプルなテキストを適切な活字にしたのです。引用マークはカールし、3つのピリオドは3点リーダに、スペース、ダッシュ、ダッシュ、スペースはemダッシュ、またはenダッシュに変換されました。基本的に全てを適切な活字にしたのです。そしてそのコードはソフトウェアによって受け入れられました。私はとても興奮しました。なぜならb2を使っているWebサイトはたくさんあって、そのWebサイトが今、そのコードを使っているとわかっていたからです。とってもすごいことですよね。

10代の頃から開発をはじめていた

インタビュアー: その時は何歳だったんですか?

マレンウェッグ:たぶん18か19歳でした。

インタビュアー:18か19歳。そしてそれが次に繋がったのですか? コーディングを続けて、それから何がそのプロジェクトを先へと進ませたのですか?

マレンウェッグ:コーディングを続けて、地元のミュージシャンやビジネスのためにWebサイトを作ったり、コンピューターを作ったりというフリーランスの仕事をしていました。

そして何が起こったかというと、b2が放棄されたのです。ある1人のディベロッパーがb2を作っていて、彼が姿を消したのです。だからそのプロジェクトはある意味忘れ去られた状態になってしまいました。誰もそれをどうしていいかわからなかったからです。

私と、そのフォーラムでボランティアをしていた1人は、コードを提供しました。私は自分のブログで「ねぇ、このプロジェクトがどこに向かっているのかわからないよ」とコメントしました。

私はTextpatternやMovable Typeなどのプラットフォームも好きでしたが、それらは全て何かを欠いていました。大きなことは、それらがオープンソースではなかったため、オープンソース・ソフトウェアのような自由を持つことができなかったことです。

私は、これらの良いところを集めたものが欲しいと考えました。そしてマイクがブログにコメントを残してくれたのです。10年前の3月27日でした。彼は「真面目に言っているの? それなら一緒に取り組もう」とコメントしました。

私たちは会ったこともなく、彼はイギリスにいて、私はヒューストンにいました。そして私たちはインターネットを通じてコラボレーションを始めたのです。

インタビュアー:それがWordPressの誕生ですか? それとも始めた頃は何か違うものだったのですか?

マレンウェッグ:それが誕生です。私たちはそれをハックし始めたのです。マイクはブログロールのような、リンクを管理することが好きで、それを始め、私は運営やインストールに取り組みました。そしてそれが結果的にあの有名な「5分間インストール」につながりました。

インタビュアー: いいですね。

無名のときから「famous(有名な)」と呼んでいた

マレンウェッグ:当時はユーザーはいなかったのですが、それでも私たちはそれを「That famous(あの有名な)」と呼んでいました。

インタビュアー:でもそれが上手くいったんですよね。

マレンウェッグ:完全に上手くいきました。私たちはそれを「famous(有名な)」と呼びました、クッキーのウォーリー・エイモスの会社がFamous Amosとあるようにです。でもあのクッキーはそんなに有名ですか? そんなことないですよね。

インタビュアー:シアトルズベストみたいなものですね? 彼らは本当にベストですか?

マレンウェッグ:わかりません。でもそれが私たちの最初のブランディング、マーケティングへの進出でした。そしてそれは上手くいったのです。

インタビュアー:一度も一緒に働いたことのない、とても遠い場所にいる共同創立者とビジネスを始めることは難しかったですか? それともすぐに取り掛かることができたのですか?

マレンウェッグ:私たちはあまり共同創立者という感じではありませんでした。本当のビジネスというものがなかったからです。私たちはお互いに同じオープンソースプロジェクトのボランティアで、彼は本当の仕事を持っていましたが、私は無職だったので、全体的に私のほうが多くの時間をそれに費やしました。

でもマイクは本物のプログラマーという点で鍵となる役割を果たしていて、私は正式なトレーニングを受けたこともありませんでした。だから彼と働くことで、そしてWordPressを発展させていく中で、私はたくさんのことを学びましたし、他の貢献者たちは私をより良いデベロッパーにしてくれました。

コードを日本語に翻訳した日本人に驚く

インタビュアー:今はこのプラットフォームのユーザーは何億人もいて、私たちのWebサイトもWordPressを使い運営しています。WordPressは素晴らしいですよね。

でもこれが何か大事になるなと思い始めたのはいつ頃ですか? 最初は楽しいこと、あなたが情熱を持っていたもの、そして自分自身が顧客だったようですが、それが自分が考えるよりも大きなことになり始めたのはいつですか?

マレンウェッグ:そうですね……。最初は確実にゆっくりとした成長でした。初期の頃のインタビューを見てみると「このソフトウェアを使っているWebサイトは15,000もあります」と言っていました。

私はそれを見て「なんだ、その数字はあまり多くないな」と思いました。最初に重要となったのは、最初のローカリゼーションでした。日本人のある人が、このソフトウェアをダウンロードしたのです。

私たちには翻訳フレームワークなどはなかったので、彼はそれをダウンロードし、文字通り1行ずつ、何万ものコードを英語から日本語の文字列に翻訳していったのです。それをするのに何時間かかったでしょうか? 何百時間もかかったかもしれません。そして私はそれにとても驚きました。

1つは、そのソフトウェアをダウンロードして、実際に使ってみると、とても異様で、非現実的で、美しかったからです。それは私たちが取り組み、作り上げたものだったのですが、この日本語の文字列が満載のとても美しいものは、まるでまったく違う世界のもののようで、私にとってまったく見慣れないものでした。

そして彼の努力に驚き、それが私の頭をテキサスから抜け出させ、この現象が世界的なものなのだと思い始めました。2つ目の理由は、私たちの転機にもなったのですが、当時はMovable Typeと呼ばれるソフトウェアが90-95%のマーケットシェアを占めていたことでした。

Movable Typeの敗因はライセンス内容と価格体系

実は、WordPressが始まったとき、みんな、新しいブログソフトウェアが入っていく隙間なんてないと言いました。なぜなら多くのパッケージがすでに世に出ていたからです。それが私たちに対する最大の批判でした。

当時、Movable Typeにはたくさんのユーザーがいて、彼らはすでにビジネスになっていて、資金を集め、多くの従業員がいました。そして彼らはライセンスを変えることに決めたのです。

彼らはプロプライエタリ・ライセンスを持っていて、基本的にはもっと企業からお金を得るためです。そのために価格設定を変えたのです。よって、以前は無制限のブログに30ドルを払っていた人が、最新バージョンにアップデートするために何百ドルも払わなければいけなくなったのです。

そして彼らのもう1つの間違いは、その最新バージョンに新しい機能を付け加えなかったことでした。だから高いお金を何も新しくないものに払わなければいけないという形になってしまったのです。

これはブログ界で大きな騒動になりました。そして多くの有名なMovable TypeのユーザーがWordPressに乗り換えました。その1人がマーク・ピルグリムでした。

彼は「フリーダム・ゼロ」という美しいエッセイを書きました。基本的にはプロプライエタリ・ソフトウェアを使うときは、そのライセンスを書いた人に左右されてしまうということについて書いてあります。

これらのライセンスの中には、奇妙な内容を持つものもあります。「ソフトウェアを使うとき、そのディベロッパーを批判してはいけない」と書いてあるライセンスもあります。あの長いライセンスです。

私たちはみんな同意しますよね。iTunesがアップグレードするたび、80ページにも及ぶ内容があるのに、みんなただ「同意」をクリックしますよね。その中には奇妙なものもありますよ。

それには、どうやって使用できるか、彼らがいつでも価格を変えられる、使えるWebサイトの数などが含まれていて、基本的にはそこでユーザーには何も権利はないのです。

オープンソースはユーザーに完全な自由がある

オープンソースは4つのフリーダムと呼ばれるものがあります。オタクなので、それらはゼロから数え始め、ゼロ、1、2、3となります。

そしてフリーダム・ゼロとは、ソフトウェアをどんな目的のためにもでも使えるという自由のことです。それはそのソフトウェアを使うとき、誰もあなたに「何はしてもいいが、何はしてはいけない」と言うことができないという意味です。

それは良い意味でもですが、同時にナチのサイトも始められるということです。私たちがユーザーに「それはできないよ」と言うことはできず、それに関してはユーザーは完全な自由があります。

そして彼は「価格のためではなく、この自由のためにMovable TypeからWordPressに乗り換えます。私はMovable Typeに払わなければいけなかった535ドルを、WordPressに寄付します」と書いたのです。

そしてその金額は今でも私たちが受けた最大の寄付額だと思います。そしてそれは他の人にも、プロプライエタリ・ライセンスとオープンソースについて考えさせ、WordPressもオプションの1つだと思わせたのです。

インタビュアー:素晴らしいですね。これを作っているとき、自宅でしていたのですか? それとも大学に在学中でしたか? これは始めたとき、18歳か19歳だと言っていましたよね。

マレンウェッグ:その時点では、ヒューストン大学の学生でした。でも実家には住んでおらず、アパートで暮らしていました。ヒューストン大学は生徒が通ってくるタイプの大学なので、あまりキャンパス内に住んでいる人はいません。でも大学時代は、かなり授業をさぼっていました。