WordPressに綺麗なグラフやチャートを表示するプラグインまとめ




Visualizer

グラフのビジュアルも美しく、グラフ上へマウスカーソルをのせるとツールチップで数値を表示してるほど、高機能なグラフを作成可能です。
CSVファイルのデータを読み込むため、いちいちデータをWordPressへ手入力する必要はありません。数字のデータを編集するのはExcelで行うのが一番効率的なので、サクッとグラフを作成したいときには嬉しい機能です。

CSVファイルのアップロードもウィザード画面のステップの一つとして組み込まれており、ファイルアップロードのための画面遷移が少なくて済むのでとても使いやすいです。

グラフの種類も豊富でイチオシのプラグインです。

Chart Expert

こちらもCSVファイルを読み込みグラフを作成します。
Visualizerに比べれば、グラフの機能やビジュアル面で見劣りしますが、機能がシンプルなほうが操作を覚えやすいというメリットもあります。
TinyMCE Advancedというプラグインのインストールが必要になりますが、記事の投稿画面上からグラフを挿入できるのも魅力です。

amCharts

表示されるときのアニメーションだけでなく、マウスを載せたときのツールチップやライン表示など、高機能なグラフを作成できます。
データを登録する際にの記述はjavascriptでコードを記述しなければならないため、少し敷居が高いです。

WordPress Chart

良く知られているプラグインのようですが、ショートコード内にグラフのデータをカンマ区切りで記述する作成方法であり、個人的には使い勝手が悪い印象。
シンプルなグラフであれば良いかもしれませんが、データの項目数が多い場合には、グラフ作成における作業ミスが起こりやすいと思われます。
また、自分でCSSをカスタマイズしないとレイアウトが崩れるみたいです。

読み込み直後にグラフがアニメーションで動きながら描画されるので、見栄えはします。こういう気の利いたデザインは評価ポイントを上げますが、ショートコードのパラメータ記述がちょっと複雑でWordPress初級者には間違いなく使いにくいでしょう。

凡例の表示もなく、マウスをのせたときのツールチップ等のインタラクティブな表現もできないので、実用性に乏しいかなとも思います。

スプレッドシートのグラフを Web サイトに埋め込む

グラフをホームページで公開する
今回はあらかじめグラフを作成してあります。これを公開する手順をご紹介致します。と言っても手順はとても簡単です!

まずグラフの上をクリックすると、右上に[▼]が表示されます。これをクリックするとメニューがいくつか表示されるので、[グラフを公開]をクリックしてください。
graph01

[埋め込む]タブを選択し[インタラクティブ]を選択してください。インタラクティブにすると、スプレッドシート上でデータを変更した時に、ホームページに挿入したグラフの内容も変化します。それが嫌であれば[画像]を選択してください。
graph02

[公開]ボタンをクリックするとコードが表示されます。これをコピーしてホームページのソースコードに挿入してみてください。
graph03

実際に埋め込みをしたグラフが下図の通りです。

問題なく表示されていますね!簡単にホームページで公開することができるので、ブログなどを公開されている方はぜひ活用してみてください。