DeNA、まとめサイト問題で第三者委員会

これまでの経緯

 

DeNA、まとめサイト問題で第三者委員会
2016/12/15 17:04

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は15日、不適正な編集方針が問題視されたキュレーション(まとめ)サイト問題をめぐり、弁護士らで構成する第三者委員会を設置した。委員長には弁護士で元・日本アイ・ビー・エム取締役の名取勝也氏を選定。今後3カ月をめどに調査を進め、報告書を公表する。DeNAは「役職員に対する必要な処分を含め、抜本的な改革を行う」としている。

 社外取締役が中心となり、第三者委員会の委員を選定した。委員には元・新日本製鉄(現・新日鉄住金)常務の西川元啓氏、国立情報学研究所客員教授の岡村久道氏、元・東京地検特捜部検事の沖田美恵子氏を選んだ。いずれも弁護士資格を持つ。5日には第三者委員会に社外取締役を入れる方針を示していたが、「客観性、独立性をより厳密に確保するため」(DeNA)、委員には選定しなかった。

 DeNAのまとめサイトを巡っては、10月ごろから医療情報サイト「WELQ(ウェルク)」などについて記事の信ぴょう性を疑う指摘が続出。批判を受け、12月7日には「WELQ」を含むすべてのまとめサイトの公開を中止していた。