IT企業が続々と集まる商店街 民間人の起用で成果 日南市

商店街・復活の新アイデア

IT企業が続々と集まる商店街 民間人の起用で成果

﨑田恭平(日南市長)、田鹿 倫基(日南市マーケティング専門官)

日南市・﨑田市長に起用された民間人がきっかけをつくり、変わり始めた商店街。かつてシャッター街だった場所に、次々に店舗がオープンし、IT企業がサテライトオフィスを置くなど、活気が生み出されている。

2015年11月、油津商店街の中心部にオープンした多世代交流モール「油津yotten」。かつて油津商店街の核施設であったスーパーマーケット跡地につくられた

人通りの寂しいシャッター商店街を、たった3年で蘇らせ、経済産業省が選定する「はばたく商店街30選」にも選ばれた日南市・油津商店街。数々のベンチャー企業が進出し、地方創生のモデルとして全国から注目を集めている。その改革の軌跡について、同市マーケティング専門官である田鹿倫基氏はこう語る。

「最初は、誰もがここまで再生するとは思っていなかった。行政と市民が一丸となって主体的にまちづくりに取り組んできたから、今があるのだと思います」

田鹿 倫基(日南市マーケティング専門官)

1年目は信頼関係づくり

「油津yotten」には、遊び場となるフリースペースがあり、鉄道模型のイベントなど、大人も子供も楽しめる催しが行われている

日南市は、2013年に中心市街地活性化事業の一環として、各地でまちづくりの実績を持つ木藤亮太氏と、マーケティングの専門知識を持つ田鹿氏の2名の民間人を起用。行政と民間の二人三脚で、油津商店街の再生を行ってきた。

「油津商店街の再生については、2013年からテナントミックスサポートマネージャー(通称サポマネ)の木藤さんを中心に『4年で20店舗のテナントを誘致する』という具体的な目標を掲げて取り組んできました」

木藤氏は採用決定後、家族で福岡県から日南市に移住。2013年7月から油津商店街のサポマネとして活動を開始した。着任後すぐに、商店街の空き店舗を利用して子供からお年寄りまで市民が集い、語り合うことができる多世代コミュニティスペースをオープン。

その後は、油津アーケード農園、七夕祭り、ファッションショー、50mボウリング大会など、市民が考えたアイデアをもとに次々にイベントを開催し、誰もが参加したくなる、応援したくなるまちづくりを進めていった。

「木藤さんは、1年目は基礎固めの時期と考え、地域や商店街の現状把握と信頼関係づくりに力を注ぎました。地域を巻き込み、市民が主体的に動く雰囲気づくり、お互いの信頼関係づくりを丁寧に時間をかけてしたからこそ、2年目以降、スピード感のある大胆な改革ができたのだと思います」

そして、市民に復活が望まれていた「土曜夜市」を約20年ぶりに開催。これまで地元に全く興味がなかった人々が、商店街に参加するきっかけが生まれていった。

「昨年の夜市の時に、『あ、空気感が確実に変わったな』と感じました。市民が自発的に動いてまちづくりに参加していて、まさに『自走できる商店街』として動き始めたという雰囲気が感じられたんです」

自ら動き始めた商店主たち

2014年3月には、商店街再生の事業に継続性を持たせるため、「株式会社油津応援団」を設立。かつての憩いの場であった喫茶店の雰囲気はそのままに、1店舗目となるカフェ「ABURATSU COFFEE」をオープン。その後、2店舗目の「二台目湯浅豆腐店」のプロデュースも行った。

「この様子を見て、自発的に出店の手を挙げてくれる人が現れました。自ら出店したいという民間の店舗が出てきたことで、流れが大きく変わりました」

さらに大きな前進となったのが、2015年11月、油津商店街の中心部に多世代交流モールがオープンしたことだ。行政主体の多世代交流施設「油津yotten(よってん=宮崎弁で“寄ってね”の意)」と民間主体の屋台村「あぶらつ食堂」からなるスペースである。

「あぶらつ食堂」には、日南の食を味わえる6つの飲食店が集まっており、多くの人が訪れている

「油津yotten」には、スクール、スタジオの2つのレンタルスペースと、子供の遊び場となるフリースペース、ラジオの放送も行う情報発信ブース、広島東洋カープのキャンプ地ならではの展示を行う油津カープ館の5つの空間が並ぶ。

そして、中庭を挟んだ「あぶらつ食堂」の中には4つの飲食店(現在は6店舗)がオープン。これにより、油津商店街の印象はがらりと変わった。

「油津応援団が、これらの建設と運営を一体的に行い、自走できる商店街を目指して事業を展開しています」

2015年12月には、6つのコンテナ店舗が軒を連ねる「ABURATSU GARDEN」がオープン。商店街の中で、さまざまな機能の空間がつながり合い、多世代の市民が集い、交流できる場所が生み出された。現在17店舗が入り、目標だった20店舗はもうすぐだ。

「木藤さんが着任前にプレゼンした手書きの『商店街の未来予想図』があるのですが、4年目の今、ほぼその通りの結果になっています。先日は、広島カープの試合を商店街で観戦し、地元ファン約300人が集結し優勝を祝いました。4年目にして、市民の一体感は揺るぎないものになったと感じています」

賑わいを取り戻した油津商店街。次々イベント、企画が行われ、活気が生み出されている

商店街×IT企業の可能性

油津商店街でもう一つ注目される動きは、全国のIT企業のサテライトオフィスが次々にオープンしていることだ。田鹿氏は、これまでに6つのIT企業を誘致した。

「商店街の中にデザイン性の高いオフィスができると話題になり、大きなPR効果がありました。また、商店街にとっては、新たな顧客が生まれます」

2016年4月、新宿に本社を構えるITベンチャー・PORT(ポート)が、油津商店街にサテライトオフィスを開業。日南市初のIT企業の進出が実現した。

元衣料品店だった2階建ての空きビルを、おしゃれにリノベーションしたオフィスは、大きな注目を集めた。社員は当初10人でスタートし、2019年3月までに56人に増える予定だ。将来的には約100人の雇用を目指すという。

「誘致に関してPORTさんと協議を重ねる中で、日南市に不足しているものを聞き、すぐに必要な制度を整えたことが評価されたようです。小さな課題でも真剣に向き合う姿勢と、行政とは思えないスピード感が決め手になったと言っていただきました」

地方に「若者が働ける場所」を

現在、油津商店街にオフィスを置く企業は、PORTの他に2社。SNS広告の運用などを手がける「リトルクラウド」と、ゲーム制作会社として宮崎県内初進出となる「キャリアイノベーション」だ。さらに現在改装中のビルにも、3社のIT企業が入居予定だという。

「商店街にIT企業が入ることは、市民にとって大きな刺激になります。これらの企業は、地元の子供たちが、将来就職したい企業としても人気があります。また、地方にいても東京と同じ働き方ができることも魅力の一つです」

ITやゲーム制作という憧れの仕事が、油津商店街という身近な場所にできたことで、地元の若者の心境にも変化が起きた。オフィスの開業に際して行われた会社説明会には、70人もの高校生が殺到したという。

「日南市は、若い世代の他県への流失が顕著でした。若者が日南市に残って働きたい、Uターンしたいとも思っても、働きたいと思える企業がない。若者が働きたいと思える雇用を生み出すことが、企業誘致のミッションです」

現在、日南市全体で十数社の企業誘致が進み、雇用の創出が期待されている。

県庁所在地でもない日南市に、なぜこれだけの企業が集まるのか。日南市は「日本一組みやすい自治体」をスローガンに、全国のベンチャー企業とコラボし、さまざまなプロジェクトで話題を集めてきた。そのスピード感と柔軟性は、地方進出を考えている企業にとって魅力だ。

「ベンチャー企業と自治体は、足りないものを補完し合える関係です。例えば、ベンチャー企業にはスピード感はありますが、信頼を得るのに苦労する。自治体は地域資源や人的資源などのリソースがある一方で、アピール能力に欠ける。自治体は企業へ『信頼性の担保』を、企業は自治体へ『県外へのPR、ノウハウや知見』を提供することで非常に良い関係を築くことができます」

油津商店街は、店舗誘致と企業誘致が進み、3年でハード(設備)は整ってきた。田鹿氏は「ソフト(人材)の育成と持続がこれからの課題」は語る。自走できる商店街へ。油津商店街の進化は止まらない。

商店街の中に、IT企業のサテライトオフィスがオープン。空き店舗が、クリエイティブなオフィス空間に生まれ変わった

田鹿 倫基(たじか・ともき)
日南市マーケティング専門官
日南市

面積 536.11km2
総人口 53,430人(推計人口、2016年6月1日)
人口密度 99.7人/km2