海士町は「成功事例」ではなく「挑戦事例」 人が集う「教育の島」

海士町は「成功事例」ではなく「挑戦事例」 人が集う「教育の島」

隠岐諸島・海士町にある県立隠岐島前高校。岩本悠氏は新たな「学びの場」を創出し、町の活性化に貢献。現在、教育改革の動きは県全域に広がっている。

人口2400人足らずの離島である海士町。生徒数の減少で存続の危機にあった隠岐島前高校は、「島前高校魅力化プロジェクト」による教育改革で、入学者数のV字回復を達成した
提供:隠岐経済新聞

―東京出身の岩本さんが、海士町(あまちょう)の教育改革に携わるきっかけは何だったのですか。

岩本 2006年5月、海士町に初めて訪れました。町の教育改革の一環で進められていた「人間力推進プロジェクト」の出前授業が開かれることになり、講師として招かれたんです。

当時、私は民間企業に勤めていましたが、町の職員や関係者の方々から、「学校の存続は地域の存続に直結する。統廃合の危機にある島の高校を何とか守りたい」という話を聞き、協力したいと思ったのがきっかけです。

岩本 悠(島根県教育魅力化特命官)

海外での「学び」が原体験

―「島前(どうぜん)高校魅力化プロジェクト」では、島外から意欲ある生徒を募集する「島留学」をはじめ、地域起業家的人材を育成する新カリキュラムや、学校との連携型公立塾の立ち上げなど、独自の施策を次々と推進しました。岩本さんのそうした創造性の原点は、どこにあったのですか。

岩本 私の場合は海外経験がもとになっていると思います。20歳の頃、大学を1年休学してアジア、中東、アフリカなどの非政府組織(NGO)や地域活動団体などをまわりました。そのときに感じたのは、学校の外に真の「学びの場」があるということ。主体的に行動し、学ぶことの楽しさを実感しました。

異なる文化、異なる価値観、異なる現場に出会うこと、触れ合うことで自分自身が成長できる。そして、社会課題に対する当事者意識が生まれることで、「世の中に貢献できる人間になりたい」と考えるようになりました。日本の学校教育にも、そうした機会が必要だと考えたのです。

大学で教員免許を取りましたが、民間企業への就職を決めたのは、「社会で必要とされる力とはどのようなものか」を学びたかったことが理由の一つです。ですから、「島前高校魅力化プロジェクト」は、私のそうした経験や想いを還元できる機会だとも感じていました。

島全体を「学校」に

―海士町に移住した当初、地域の課題をどう見ていましたか。

岩本 「島留学」のポイントは「多様性」です。同じ地域の同じメンバーだけでずっと固まっていたら、変化や創造性は生まれません。特に海士町のような離島は、周囲から閉ざされた環境になりやすい。

また、少子化や人口減少の影響で、子どもの人間関係が少人数で固定化されてしまうという課題もありました。全国から生徒を受け入れ、異文化や多様性を学校に取り込むことで、新しい「学びの場」が生まれます。

島外から来る生徒には、住民が「島親」になります。そうすることで、地域の人たちと外から来た生徒たちとの間に自然と交流や絆が生まれます。意欲のある生徒たちが移り住むことで、島全体に刺激を与え、良い影響が広がっていくだろうと考えました。

「地域資源を活かした独自のカリキュラム」という発想が生まれたのは、学校規模が縮小傾向だったことも影響しています。生徒数が減少し、教職員も約4割削減される状況だったので、学校だけの力では到底魅力ある教育はできない。

そこで、地域の教育力、地域の人材を活かすことを考えました。地域の課題解決やまちづくりへの挑戦を通して生徒の人間力を育む教育活動は、そうした背景の中で生まれてきました。海士町は、島全体が学校なのです。

提供:隠岐経済新聞

隠岐島前高校には、今、日本全国から生徒が集まる。離島では初となる文部科学省のスーパーグローバルハイスクールにも指定された

自分が中に入り、共に変わる

―前例のない施策に挑戦するにあたり、抵抗もあったと思います。特に「よそ者」としてのやりづらさもあったと思いますが、どのように乗り越えたのですか。

岩本 やはり最初は大変でした。地域にも学校にも、「よそ者」や新たな取り組みに対しての抵抗感は強くありました。

でも、「よそ者」だから気づけることやできることもあります。弱みだと見なされていたことをメリットと考える発想の転換は、「よそ者」のほうがやりやすいと思います。

また、海士町は、産業振興やUIターンの推進などさまざまな地域活性化に挑戦しています。そうした取り組みを支えている志、情熱を持った多くの地元の人がいます。こうした地域の人たちの「よそ者」に対しての応援や協力が、強い後押しとして働きました。

取り組みを進めるにあたって、あるとき、「外から変えようとすると抵抗が起きる」と気づいたんです。「外から変える」ではなく、「自分から中に入って、共に変わっていく」というスタンスに変えてから、物事が動き出すようになりました。

カリスマによるリーダーシップではなく、多くの人間の協働による「チームシップ」が重要だと考えました。仲間を増やし、多様な関係者の協力を得ながら進めることを意識しました。

そして、その際に大切にしたのが「三方よし」の原則です。いろいろな意見、利害関係、人間関係が絡む中で、みんなが「よし」と思える解を探し求めていく。それは簡単ではありませんが、粘り強く「三方よし」を追求し続けることで、協力者が少しずつ増えていきました。

島前高校の取り組みも、成果が出始めるまで5~6年はかかりましたが、「三方よし」の原則で、多様な人たちとの協働で進めた結果、地域に根差し徐々に広がってきています。

地域の公営塾として2010年6月に設立された「隠岐國学習センター」。海士町では学校だけでなく、地域の人材を活かし、地域総がかりで教育を支援する
提供:隠岐経済新聞

改革の真髄は、形よりプロセス

―改革の結果、島前高校の入学者数はV字回復。県全体の県立高校の募集定員が過去最少となる中、小さな島の高校としては異例の学級増となりました。島前高校の教育改革が成果をあげた要因を、どう見ていますか。

岩本 私たちは、この取り組みを「成功事例」とは思っていません。「挑戦事例」と呼んでいます。挑戦はまだ継続中で、ゴールではありません。それでも近年、多くの自治体や学校等が視察にやってきます。ただ、島前高校の取り組みを、形だけ真似て他の地域や学校でやってみてもダメだと思います。

取り組む過程におけるさまざまな人たちとの対話や関係性づくり、地域資源の掘り起こしや共通ビジョンの構想などのプロセスが重要で、それを積み上げていくことで、地域独自のことができると考えています。

そして、「地域と学校」、「生徒と社会課題」、「地元とよそ者」など、既存の教育現場ではつながっていなかったものを結び付けて、新しい「学びの場」を創造していく。「異なるものの縁結び」が改革のポイントだと思います。

教師から教わるだけでなく、地域を舞台にした体感型ワークショップなど、生徒同士が学び合い、主体的に考えて実践するカリキュラムが組まれている

「教育」で世界から人を呼ぶ

―2015年度から島根県初の「島根県教育魅力化特命官」に就任されました。

岩本 今まで海士町でやってきたような取り組みを、県全体に広めていくことが主な職務です。

「小さな島だからできた」「リーダーシップのある人たちがいたからできた」のではなく、こうした取り組みはどの地域でも可能であることを示していくことが必要です。

高校の教育改革を水平展開していくとともに、高校だけでなく幼保、小中学校、地域教育にも垂直的につなげ、県として持続可能な「教育の生態系」をつくっていきたいと考えています。

そのためには、「異なるものの縁結び」ができるコーディネーターの育成が重要です。2015年より、島根大学内に「地域教育魅力化センター」を開設し、地域と教育の改革を担う人材育成を始めました。中山間地の飯南町と離島の海士町などが協力して、社会人を対象にコーディネーターや地域教育のリーダー人材の養成プログラムを開講しています。

中国山地にある飯南町も、深刻な過疎化に直面しながらも、教育の魅力向上や地元産業の活性化によって、人口減に歯止めをかけることを目指して、特色ある地域づくりを進めています。海士町や飯南町で積み重ねたノウハウを活かして、各地に応用できる人材育成プログラムを開発していきます。

―今、目標として描いているのは、どういったことですか。

岩本 今後のテーマは「グローカル」。地域から世界とつながっていけるような人を育てていくことです。

インターネットが普及した現在、島根からでも世界とビジネスが展開できる時代です。観光客も海外からもっと来てもらって良いと思います。それだけの魅力がここにはあります。

さらなる世界のグローバル化を見据えて、広い視野をもって足元から実践できる人材を育む独自の教育を島根でつくっていきます。海士町に島外から生徒が集まったように、島根に全国から生徒が集まってきています。今後は、海外からも来てもらいたいと思っています。

島根の教育モデルを、日本の地方はもちろん、世界でも通用するモデルにしていきたいと考えています。

岩本氏は今、島根大学内の「地域教育魅力化センター」で人材育成プログラムを担当するなど、活躍の場を県全域に広げている

岩本 悠(いわもと・ゆう)
島根県教育魅力化特命官