クラウド名刺管理サービスのSansan、総額20億円の資金調達実施

クラウド名刺管理サービスのSansan、総額20億円の資金調達実施

sanSansanは先日、シリコンバレーの大手ベンチャーキャピタル DCMなどを引受先とする総額約20億円の第三者割当増資を実施した。

シンガポールと国内計5か所に法人向けサービス『Sansan』の営業拠点を新設してアジアと日本全国への市場拡大を加速する他、個人向けサービス『Eight』のマーケティングをより積極的に展開する。

今回は2014年5月に続く増資で、調達額約20億円はSansanとして過去最大額となる。

DCMを含む今回の引受先は全て既存の株主であり、2007年6月の創業以来Sansanの調達総額は約42億円になった。

■日本全国とアジア圏における法人向けサービス『Sansan』の販路拡大

法人向けクラウド名刺管理サービス『Sansan』の営業拠点を全国に設立する。2016年1月4日から営業開始した大阪オフィスに続き、5月末までには名古屋、札幌、福岡にも拡大予定。各地でのTVCM放映や、東京・大阪での初のプライベートカンファレンス開催など、地域に密着した営業活動を実施する。

また2015年10月に設立したシンガポール現地法人を拠点に2016年から本格的にアジア圏のマーケティングを強化していくとしている。

【引受先の概要】

①DCM(米カリフォルニア州)

②ニッセイ・キャピタル株式会社(東京都千代田区)

③セールスフォース・ドットコム(米カリフォルニア州)

■Sansan株式会社について

2007年の創業より世界初の法人向けクラウド名刺管理サービス『Sansan』を開発・提供。Sansanは「営業を強くする名刺管理」をコンセプトに、名刺をデータ化して人脈情報を共有管理することで組織全体の働き方を変え、営業力強化に貢献する。業界シェアはNo.1※で、経済産業省でも導入されている。導入企業は2016年1月に4,000社を突破。

また、2012年より個人向け名刺管理アプリ『Eight』を提供開始。ソーシャルの仕組みを取り入れ名刺をビジネスのつながりに変える新たなビジネスネットワークとして、登録ユーザは現在100万人を超えている。2つのサービスはいずれも特許を取得済。