WordPressのページ表示速度を高速化

speed-up-my-wordpress-websiteWP Super Cache サイトを静的なHTMLとして一部キャッシュしてくれるプラグイン
EWWW Image Optimizer サイト内にある画像を一括で軽量化してくれるプラグイン
Unveil Lazy Load サイトの読み込み段階で画像を表示させず、ユーザのスクロールに合わせて画像を展開
SNS Count Cache Facebookいいね!数や、ツイート数などのSNSシェアカウントをキャッシュ
WP Widget Cache ブログのウィジェット部分をキャッシュ
Jetpack by WordPress.com このプラグイン内の「Photon」項目を設定することによりCDNが利用

・W3 Total Cacheの設定
・Cloudflareの導入
・MO cacheの導入
・DB Cache Reloaded Fixの導入

4.プラグイン Head Cleanerの調整
5.ページをキャッシュするプラグインを導入
WordPress高速化プラグイン WP Hyper Responseがいい感じ

3.画像サイズの最適化による高速化
3−1.画像のファイルサイズの圧縮
3−1−1.EWWW Image Optimizer の導入
3−1−2.画像の質を保ったまま圧縮してくれるオススメサービス
3−2.画像の読み込みを後回しにする
Lazy Load というプラグイン
4.ソースの記述内容の最適化による高速化
Head Cleaner というプラグイン
5.キャッシュの使用による高速化
5−1.WordPressのキャッシュの導入方法
プラグイン W3 Total Cache
5−2.CDNサービスを使う