WP向けカートプラグイン旧版にSQLインジェクションの脆弱性

WP向けカートプラグイン旧版にSQLインジェクションの脆弱性

Welcart_logoコンテンツマネジメントシステム「WordPress」向けに提供されているショッピングサイト構築用プラグイン「Welcart」の旧版に脆弱性が含まれていることがわかった。「同1.5.3」以降で修正されているという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同1.5.2」や以前のバージョンにSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2015-7791」が存在するという。脆弱性が悪用されると、データベースが改ざんされたり、データベース内の情報が漏洩するおそれがある。

開発元のコルネでは、10月10 日に公開した「同1.5.3」以降で脆弱性を修正している。今回の脆弱性は、馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。