古民家にオフィス誘致へ 京都・南丹市、縦貫道全線開通追い風に

古民家にオフィス誘致へ 京都・南丹市、縦貫道全線開通追い風に

20151108224850nantan山あいの静かな農村に古民家が立ち並ぶ南丹市美山町大野地区=南丹市定住・企画戦略課提供

 京都府南丹市は定住促進と空き家対策の一環で、農村の古民家に企業や団体の小規模オフィスを誘致する新事業に乗り出す。京都縦貫自動車道の全線開通による交通アクセス改善を追い風に、遠隔地勤務を望むIT企業などと、過疎高齢化に悩む地域とのマッチングを進める。

 誘致するのは、かやぶき民家が多く残り、観光地としても有名な同市美山町の大野地区一帯。京都縦貫自動車道を利用すれば京阪神の各都市部へ1時間強で出られる上、インターネットの高速通信網も整備済み。空き家を持て余している家主が多く、安い賃料でオフィスを構えることができるという。

 市は建設コンサルタントの「キタイ設計」(近江八幡市)や地域住民で作る「大野振興会」とも協力し、企業の誘致や古民家改修の提案、従業員の住まい探し、補助制度の紹介などを行う計画。職住を一括でサポートし、農村部でゆったり働ける「リラックスオフィス」を提案する。

 既に数件の空き家が候補に上がっており、19日午前8時半~午後5時半に、同町大野地区一帯で初の現地見学会を開く。

 問い合わせ、参加予約はキタイ設計TEL0748(46)2618。

京都府南丹市